About FSC

人のふれあいを育てよう

フェシリダスポーツコミュニティ(FSC)サッカースクールは、ひとりでも多くの子どもたちにサッカーを楽しんでもらいたいという想いで府中市を拠点に開校いたしました。

チームの試合で勝つことを目的にしているスクールではありません。
もちろんサッカーをやるからには、試合で勝つことはとても大事なことです。当スクールでは、仲間を思いやり、楽しく想像力豊かにプレーするために、ひとりひとりの能力や技術に視点をあてた指導をしています。

個々の才能が成長していく幸せを分かち合い、気軽にサッカーを楽しみながら、人と人とのコミュニケーションを学んでいく人生を私たちは応援します。

Philosophy

人 サッカー 未来

これはFSCが大切にしている事を順に並べたものです。人を想う心をなくしてサッカーはできません。サッカーが上手くても、人を疎かにしてはいけません。仲間に礼をつくし、約束を守り、相手の立場に立って考える。例えば、グランド掃除の約束や、開始時刻を守れないようではいけません。私たちは子どもたちの未来のために、サッカーを通じて、心身と共に「思いやりのある人」としての成長を望んでいます。団体競技ならでは当然にしかり、その当然を真っ当して子どもたちは体感するべきだと信じているのです。人を想う心があれば、自然にサッカーの技術が上達し、将来はプロサッカー選手になる夢を掴み、人に夢を与える選手にもなれるかもしれないのだから。


思い出をつくろう

例えば、有名な選手を呼んで、話題のトレーニング方法や設備を取り入れてみよう。でも、それだけで本当に子どもたちは成長するのでしょうか?私は生徒がサッカーを一生続けなくてもいいと考えます。それは「思いやりのある人」として成長できることが1番だから。サッカーをファッションのように流行だけにしておきたくないのです。今、日本教育のなかで「社会教育」が重要とされています。便利な世の中になり、1人の世界でなんでもできるようなって、人とふれあう機会が減っているように感じるのです。FSCでは試合や野外キャンプを企画して、ふれあいの場を用意しています。そこでたくさんのいい思い出を作っていけたらと思います。生徒たちが大人になって「あの頃はコーチによく怒られたなぁ。でも面白かったよなぁ」と同窓会でお酒を交わす光景を創造したいのです。

コーチの紹介

有田 正宏 ありた まさひろ (代表兼コーチ)

昭和40年生まれ、愛媛県出身。小学4年生からサッカーをはじめ、学生時代は群馬国体から全国大会と様々なリーグ戦に出場する。22歳で日立製作所サッカー部(現 柏レイソル)に所属し、25歳でアメリカ ロサンゼルスの高校でサッカー指導にあたる。その翌年に都内企業のサッカーチームにて指導者兼プレーヤーとして活動し、1995年からFC府中アンダー15のコーチとして専属した後に2003年4月より、FC府中サッカースクールを開校し、現在はFSCサッカースクールに改名し活動中。保有資格は、日本サッカー協会公認B級コーチ、イングランドサッカー協会公認レベル1コーチ、中学・高校体育教員免許。


木村 政隆
きむら まさたか
(コーチ)
加藤 佳孝
かとう よしたか
(コーチ)
荻野 哲史
おぎの さとし
(コーチ)
松浦 剛
まつうら たけし
(コーチ)

ロマン
ろまん
(コーチ)

唐崎賢
からさき けん
(コーチ)

阿部勝成
あべ かつなり
(コーチ)

高野三郎
たかの さぶろう
(コーチ)

 

ページの先頭へ

FSC soccer school事務局

Tel:090-2424-5101(代表:有田)
FAX:03-6438-9437
E-mail :creative-2003@mbg.nifty.com
inserted by FC2 system